<< お詫び | main | ご無沙汰しております。 >>

『カンナ 鎌倉の血陣』


『カンナ 鎌倉の血陣』が講談社文庫にて上梓されました。
カンナシリーズ6/9で、いよいよ後半戦に突入です。
そして何といっても本書の解説が、あの田端しづかさんですので、ぜひお手に取ってください。
解説時のインタビューでも答えたのだが、鎌倉は本当に奥が深くて、「QED」でも書き「鬼神伝」でも書き、こうして「カンナ」でも取り上げたのですが、まだ書ききれなかった。
そこで、もう一度書きますので(しつこい!)もう少々、お待ちください。


こちらは、丸山天寿さんより献本いただいた『死美女の誘惑』
帯の惹句が素晴らしい!(笑)
丸山さんご本人によれば「奇想エロチックミステリー」だそうです。
ありがとうございます。読ませていただきます。

さて、そういうわけで次回作に向けて頑張っている。
一旦50枚ほど破棄してしまったので、進捗状況は7パーセント。
しかし『QED〜flumen〜ホームズの真実』の最終ページで、あのように昔の東映や日活映画のような宣伝を打たれてしまうと、頑張らざるを得ない(笑)