<< お詫びとお知らせ | main | ホームページのBBS >>

『QED〜flumen〜』などなど


気がつけば7月も後半ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
HPの方が、うまく稼働していなくて申し訳ありません。
なので、何かありましたら、これからはこちらへお願いします。twitterです。
「はるる@Majoharuru」
もしくは「高田崇史@club-TAKATAKAT」へ。
色々な最新情報なども、こちらから流していただこうと思っていますのでご参加を。もちろん、単なる呟きでも構いません。

ということで──。
9月はノベルスと文庫が同時に刊行される予定です。
まず、文庫は『カンナ 鎌倉の血陣』です。いわゆる「陣の巻」で、カンナシリーズも6巻め。中盤の大詰め(?)です。
鎌倉に関しては『QED』でも書きましたが、また少し違った方面から考察を入れてみました。みなさんも甲斐やほうろくたちと一緒に、鎌倉の旅に出てください。

ちなみに、来年初頭にもう1度、鎌倉を書きます(しつこい)。
それほど「鎌倉」は奥が深いのです。


そしてノベルスは『QED〜flumen〜』になります。
本編としての『QED』は「伊勢の曙光」で完結していますので、外伝ということになるのでしょうか。しかし、時系列としては「伊勢」以降の話になります。
今回のテーマは「シャーロック・ホームズ」と「源氏物語」です。
これら2つの作品の共通項に気づかれた方は、立派な「源氏物語ファンのシャーロキアン」!(そんな人間いるのか?)
ちなみに回答は募集していませんが、勝手にtwitterに書かれても結構です。但し、正答でも何も返事がないかも知れないし、また正解しても賞品はありません(笑)

そんなこんなでバタバタしており、今年は「七夕Essay」(?)も書けませんでしたが、またこちらのページとtwitterでよろしくお願いします。

画像は、シャーロキアン・田中喜芳さんにいただいた、とても貴重な「221B」のバッヂと、
ぼくが生まれて初めて自分のお小遣いで観た映画「シャーロック・ホームズの冒険」(1971年)のプログラム。